水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2200種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/12

* ミネラルウォーター大全 告知 *



【MWでキレイになる】


世界を回り現場でミネラルウォーターに接してきた江口慶太さんが講師。
水の学校であるアクアデミアが主催し、
ミネラルウォーターをこれから学んでいきたい、
知っていきたいと言う人に最適な講座を用意しました。
1月25日(水) 3月22日(水) 5月24日(水)
上記3日間の内、都合のよい日を選んで下さい。

セミナー料金は4000円のところ今だけ3500円!

03-3790-3050 お電話でも受付しています。



アマゾンでミネラルウォーターを検索した際に未入手だった製品
アマゾンだけでも30種ある。
まだまだこの先新種を手に入れる機会は沢山ありそうだ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

飲んだ水の数

2017.3.24までに2304種の水を紹介しています。
外国の水303種 日本の水1978種 採水地不明19種 番外編3種

2017.3.6 2300種到達しました!!

ホームページ作ってみました【ミネラルウォーター馬鹿】">ホームページ作ってみました
【ミネラルウォーター馬鹿】



区切りに飲んだ水

100本目:広島だいわ天然水 白竜水 はくりゅうすい
200本目:ICE WATER アイスウォーター
300本目:富士山麓銘水 ふじさんろくめいすい
400本目:プリズムウォーター for DOG 犬専用飲料水
500本目:からだにやさしい天然水 養命水
600本目:Fine’ フィネ
700本目:fillico フィリコ
800本目:水戸の名水 黄門さん
900本目:北アルプス まろやか天然水
1000本目:五色水
1100本目:超硬水・MgNa マグナ1800 大分・長湯温泉
1200本目:ELSENHAM エルセンハム
1300本目:AGUA ANEW アクアアニュー
1400本目:瀬戸内の名水 桂の滝 かつらのたき
1500本目:酒は紀州の日本城 割水
1600本目:生命の水 夢 ハクザン温泉
1700本目:富士山麓の天然水
1800本目:横浜ランドマークタワー タワーウォーター
1900本目:酒まつり限定 和らぎ水
2000本目:EPSILON MINERAL WATER イプシロンミネラルウォーター
2100本目:北海道天然水 奥井海生堂の水
2200本目:黒部の深層自噴湧水 夢の宝石物語



ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
[ミネラルウォーター大全 連絡事項]の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ON365 コスモス薬品 おいしい炭酸水

名称:ON365 コスモス薬品 おいしい炭酸水
採水国:日本
採水地:福岡県糸島市
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
記述無し

販売者:株式会社ジャスティス

製造者:九星飲料工業株式会社

味の感想【yooo】
この製品はドラッグストア コスモス薬品オリジナルである。
九州をはじめとし、主に西日本で展開していて、
私の住む東京都内には店舗が無いから、
福岡県で購入してきた。

明確な採水地は記されていないが、
製造者が福岡県糸島市の九星薬品工業であり、
ラベルに“磨かれた水でつくり上げました”と書かれているから、
恐らく糸島市産の天然水に炭酸を添加したのだろう。

炭酸水を飲む習慣がかなり根付いたように思える昨今、
色々なメーカーが参入してきて、
製品を選ぶ楽しみも出てきたのが嬉しい。
私はかなり前から炭酸水をそのまま飲む事が好きで、
現状には満足している。

オリジナルの製品は安価で売られている事が多く、
気軽に購入し飲む事が出来るのが嬉しい。

ぴりりとした刺激が飲んだ瞬間に感じられ、
気分爽快になるのが楽しい。
スッと引いていく後味も心地よく、飲み易い。
お酒や果汁を割るのも良いが、是非そのまま飲んでほしい。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加


おいしい天然水 きりしま

名称:おいしい天然水 きりしま
採水国:日本
採水地:宮崎県小林市南西方
硬度・PH:57・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:6.2mg
カリウム:2.4mg
カルシウム:14mg
マグネシウム:5.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:記述無し

製造者:生駒名水株式会社

味の感想【yooo】
採水地の宮崎県小林市には訪れた経験がある。
残念ながらこの製品を製造している会社ではなかったけど、
工場見学の経験もある。
自然が多く残る土地で、とても素敵な雰囲気だった。
良い水が出る事が当たり前に思える環境である。

製造者は生駒名水株式会社で、
あさみやグループに属している。
最近あさみやグループ各工場の製品は、
日本全国あちこちでシェアを増やしているように感じられる。
勢いが凄い。

滑らかな舌触りで、スルっと身体に入っていく感じがした。
クセが無いから老若男女に合うだろうし、
どのような用途にも向く水だと私は考える。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

奇跡の川のおいしい天然水 銚子川の水

名称:奇跡の川のおいしい天然水 銚子川の水
採水国:日本
採水地:三重県紀北町
硬度・PH:6.4・7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:2.5mg
カリウム:0.2mg
カルシウム:2mg
マグネシウム:0.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:三重県紀北町水道課

製造者:鈴木鉱泉株式会社

味の感想【yooo】
この製品はKUMAさんから送って頂きました。
キャップコレクションでは有名な方で、
綺麗に分類されたコレクションの数々は見ていて飽きません。
情報量が多くて本当に凄いんですよ!
ジャンルは違えど情熱的活動に尊敬の念さえおぼえます。
お互いの新種を探し合ったり、相互協力の形を取っています。
是非一度HPブログを訪れてみて下さい。

大変申し訳ないが、三重県紀北町の存在を知らなかった。
ミネラルウォーターをやっていると地理に強くなる。
紀北町は日本有数の多雨地帯であり、
最近ミネラルウォーター製造も盛んな尾鷲市の北にある。
いつか行ってみたい地域ではあるけど、
名古屋からでも結構な距離があるから、
しっかり計画してからでないと行けないだろうなぁ。

今も尚原生林が多く残る大台山系を源流として、
熊野灘に注ぐ清流【銚子川】。
川の透明さが織りなす水中の風景は、
神秘的に輝くブルーに包まれる事から、
【銚子川ブルー】と称され、奇跡の川と言われている。

紀北町のマスコットキャラクター【きーほくん】
(権兵衛バージョン)がラベルに描かれている。

観光情報のQRコードがあるのは評価できる。
自治体の製品は水が良い事をアピールするだけでなく、
町自体をアピールしなければ勿体無いから。

サラサラで喉越しが良い。
スッと身体に入っていく感じがして爽やかな印象。
クセがないから誰にでも愛されるだろう。
このような水がある紀北町の皆様がうらやましい。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
2017年 3月9日~3月11日まで 関西ウロウロ その1はこちらから

関西ウロウロの最終日にどこへ行こうか、
私にしては珍しく決めかねていた。

最初に行こうと思っていたのは兵庫県養父市。
しかし、その3~4日前に取引先の人が舞鶴あたりを走っていると、
かなり雪が降っていて寒かったとの話を聞いて、
雪や凍結している道に慣れていない私は、
運転の不安を感じ候補から外した。

自分自身だけが事故で傷つくのは仕方ないけど、
人に迷惑をかける訳にはいかないから、
雪・凍結道路はなるべく避けるようにしているのだ。

という訳でどこに行くかの案が消えてしまった。

宿泊先の京都府福知山市からの距離、
帰りの飛行場の位置・レンタカーの返却時間を考えると、
それほど激しい行程は組めない。

地図を見ながら色々検討してみた所、
無理なく行く事ができる距離にあり、
且つ初めて訪れる所と言う事で、
京都府南丹市美山町を選択した。

福知山市から美山町はダイレクトで行けば1時間ちょい。
私はあちこち寄り道しながら向かうから、
2倍以上かかると考え出発時間を決めた。

途中福知山駅・スーパー・道の駅等に寄り道し、
ミネラルウォーターの販売状況をチェックをしていったら、
案の定時間が多くかかり、3時間くらいかかってしまった。

2017年 3月9日~3月11日まで 関西ウロウロ その2 1

京都府道12号線に入ると次第に木々が増え、
由良川の流れも見えるようになり、
目に優しい快適な道になって楽しかった。

美山町を訪れようと考えた理由は、美山名水株式会社と言う、
あさみやグループに属するミネラルウォーター工場があったからである。

工場見学の約束をしていた訳ではないけども、
工場の前まで行ってその周辺環境を見ると、
製品に対する愛情度や理解度が飛躍的に高まり、
人と水の会話をする時のネタにもなるから、
私は積極的に工場を訪れるようにしている。

周辺環境には自然が多く残り、素敵な環境で心地良く、
そのような土地で育った水ならば、
良い物になって当たり前と実感できた。

2017年 3月9日~3月11日まで 関西ウロウロ その2 2

2017年 3月9日~3月11日まで 関西ウロウロ その2 3

2017年 3月9日~3月11日まで 関西ウロウロ その2 4

工場の前に自動販売機があったから、
以前に購入して飲んだ事があるのだが、
生産地で買う喜びを感じようと思ったら、
何と美山産の製品ではなく、
三重県尾鷲市産の製品が入っていた。

・・・残念だった。

同じあさみやグループの製品だから、
仕方ないのかもしれないが、工場前で売る製品は、
その工場で製造した物がよかったなぁ・・・

2017年 3月9日~3月11日まで 関西ウロウロ その2 6

仕方ないからブラックコーヒーを買ったけど、
次に訪れる時は美山産も売っていてほしいと思う。

2017年 3月9日~3月11日まで 関西ウロウロ その2 8

工場の前には美山神田の水と言う湧き水があった。
こちらが製品の原水になっていると思う。、

しばらくの間工場前をウロウロし、
充分に楽しんだ後、その場所を後にした。

美山を離れた私は途中寄り道をしまくり、
レンタカーを返し、伊丹から17時ちょうどのANAで羽田空港に戻った。

おしまい

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
2017年3月9日~11日まで関西出張があった。

1日目は大阪府内で仕事をし、
兵庫県三田市に宿泊した。
2日目は兵庫県内で仕事をし、
京都府福知山市に宿泊した。

ちなみに、三田市と福知山市に宿泊したのは、
仕事とは一切関係が無く、むしろ遠い位だ。
ならばなぜ?と問われれば私はこう答える。
再び宿泊する可能性の低い都市に泊まるのが好きだから。

実際私はあちこち出かける度に同じ事をしている。

そして好むのは大都市ではなく、
ある程度自然が残る地域である。

東京と同じような所に旅で泊まっても、
楽しさを感じない人間なのだ。

更に言うと、
余程の事が無い限り、出張は木曜日~土曜日と決めている。
なぜなら最終日が自由時間になるからだ。

1日2日目にしっかり仕事をして、
最終日に激しく遊ぶのが私のスタイルなのだ。

今回の出張も同じで、
仕事で最後の予定を終えてからは激しく動き回った。
疲れなんて関係ない。
チャンスをビシっと生かしたいから、
休息と言う言葉は忘れるようにしている。

スーパー・ドラッグストア・ディスカウントショップに加え、
道の駅・酒屋・コンビニも水捜索の為にチェックした。
一々店に寄ると言うのはとても大変な事で、
1キロ進むのに1時間かかってしまうエリアもあったけど、
それはもう慣れているから、当たり前にこなした。

売り場で新種を探すのは当然だが、
どのような製品が並んでいるかもチェックする。
大手製品のみ扱われれている、
こだわりを感じられない店も多い。
地元の製品が全く売られていない所もあり、
憤りや悲しみに襲われる事すらもあった。

特に道の駅は地産地消を謳っているのに、
ミネラルウォーターに関しては全くそれが守られず、
何を考えているんだ?と思う事も多かった。
水以外の飲料については、
牛乳やジュースなど地元産を揃えているのに。

勿論きちんと売られている所もあるのだが、
少数派と言っていいと思う。

たまにこだわりを感じる売り場に出会う事もある。
なぜその製品を選んだのか、
担当者に質問してみたいくらいのレベルの店も。
実際に聞くことは難しいから、想像するしかないのだが、
その想像すると言う事が私にとっては楽しいのだ。

とにかく私の活動は動き続けなければ終わってしまう。
面倒くさいから、疲れているからと、活動をサボり始めたら、
途端に行き詰ってしまうのだ。

幸いミネラルウォーター・水に対する楽しさは、
年々大きくなっていく一方で、
今よりももっと激しく活動したいくらいだから、
止まる事は考えられない。

水関係で協力してくれる人も増えたし、
これからも現場第一主義を貫き、
日本各地をウロウロしようと思っている。

次回は少し残念に感じた事を書く。

2017年 3月9日~3月11日まで 関西ウロウロ その2はこちらから

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから